教育・研究ガイド



最終更新日:2005年(平成17年)4月10日

  1. 「勉強」のねらいと心構え
  2. 「レジュメ」とは?
  3. 修得すべき最低限の事項

「勉強」のねらいと心構え(学部生や修士大学院生向け)



レジュメとは?(学部生や大学院修士1年生向け)

ゼミや輪講・輪読の際に担当者が作成し,参加者全員に配る「レジュメ」とはどういうものかを,研究室の新入生(M1と4年生)を対象に周知しておきます。

(1) 輪読などのように,聴講者に共通の題材(書籍や論文など)があらかじめ決まっている場合:

レジュメには,
(2) 自分の研究進捗状況報告や研究討論のように,聴講者側には何の準備もない(共通の題材が無い)場合: (3) その他の注意:
修得すべき最低限の事項

実験家が、オシロスコープやテスターを使えなくては話にならないのと同じように(使えない学生も多いらしい)、理論家にも最低限身につけておかないと困ることが色々あります。これは時代とともに変わっていくので、昔(Landauの「理論ミニマム」)とは異なりますし、今後も変わっていくと思います。大学院では「何学期にこれをやって、次にあれをやって」というような具体的な指示はもらえないのが普通です。自分でスケジューリングして、修士課程のできるだけ早い時期に身につけて下さい。小川は、あなたが修士課程の修了時までに、以下のことを全て身につけているものと想定して指導します。
 


小川研究室の計算機環境(古いデータ) 小川が使っている道具